当院について

こんな会話が聞こえてきます。そのため嫌な入れ歯で一生を送らなければならないのでしょうか?

私は、「骨造成の専門家」です。今まで一度もインプラントを断った方がいません。おそらく、世界中探しても「一度もインプラントを断ったことがない」歯科医師は私だけでしょう。今まで全ての患者様にインプラント治療をしてあげることができています。

たとえ大学病院で「できない」と言われても、当センターでは「できる」のです!

もちろん、他のインプラントセンターや開業医で断られた方々もたくさん当センターでインプラントをしています。下のように相談に来られた方々も全員がインプラントできているのです。

私が発表した新しいインプラントテクニック

2006 セカンドラビアル形成法
2006 オステオプッシング法
2007 Take off socks method
2008 B・L Bridge
2008 キャナルテクニック
2009 Big Cap Technique
2009 フランジキャップテクニック
2009 砂時計型クラフト
2010 ボーンプロテクトと意図的若木骨折
2010 審議的アクセスホール
2011 N2クラフト
2012 スリットリフト
etc…

このように新しいテクニックを次々発表しているDr.は他に誰ひとりいません。上記はほんの一部です。
全てが患者様のダメージを少なくするMIコンセプトに基づいた手法です。

MIコンセプトとは?

MIとは、ミニマムインターベーションの略で、最小限の侵襲(ダメージ)で治療を行うというコンセプトです。
「いい治療なら侵襲(ダメージ)が多くてもいいじゃないか」
という考えを否定して、少しでも侵襲を少なくする工夫をするコンセプトです。
MIはMizuguchiImplantにも共通していて、私の永遠のテーマです。

私はMIコンセプトを広めるために、日本中を回ってインプラントの講演、セミナーを行っています。
特に、普通ならダメージが大きい「骨造成」を最小のダメージにするべく工夫された手術法は多くの歯科医師が最も学びたい内容です。

『水口インプラントセンター・新宿』は本物のインプラントセンターなのです。

「え?本物のインプラントセンター?じゃあ他のインプラントセンターはニセモノなの?」と思われるかもしれませんが、実はニセモノというのは言い過ぎだと思いますが、本物とは言えないインプラントセンターが多いのです。
インプラントセンターと名付けるからには患者さんたちは、それなりの施設をイメージして来院するハズです。
しかし行ってみると普通の歯科医院となにも変わりがなく「どこにインプラントセンターがあるの?」といった事がが多いのです。
それに対して『水口インプラントセンター・新宿』はインプラントセンターに必要な全てを備えており、かつその診療体制も全て、「これこそインプラントセンター!」と言えるものなのです。
オペ室は3つあり、CTも備え、インプラント専門のスタッフが対応し、診療システム全てインプラント治療を行いやすいシステムとなっており、完全に最初からインプラントを行うために作られた施設なのです。

水口インプラントセンターでの通院期間と通院回数

通院は、通常 月に1回ぐらいです。だから遠方からの通院者も多いのです。

海外:オーストラリア、中国(上海)、ハワイ

水口インプラントセンターでは、年間 400回以上のインプラントオペを行っています。このマップのように、多くの方が遠方より私のインプラント治療を受けに来院されています。

なぜ遠方からのインプラントの患者さんが水口インプラントセンターに通いきれるのでしょうか?
もちろん患者さんの治そうとする意欲のおかげである事が1番ですが、実はインプラント治療のほとんどは、さほどの多くの治療回数を必要としないのです。

インプラントの状態が分かる機械

インプラントの状態が分かる機械

水口インプラントセンターでは、ほとんどのインプラント治療では、必要な治療回数は4~5回です。私は最小3回の治療でインプラント治療を完了させた事もあります。ただインプラントを埋めて骨にくっつく期間があるので、ある程度の治療期間はかかります。
水口インプラントセンターでは、他の歯科医院よりもずっとヒーリング期間が短いはずですが、短くてもしっかり骨にくっついたかどうかを測る機械で確認して治療を進めているので安心と言えます。